2017年 04月 13日 ( 1 )

40年前の繻子


bespoke classic

六義RIKUGHI
Art&ClassiC

百年素材 40年前の繻子
(title copyright 2017 Ryuichi Hanakawa&RIKUGHI)
()




「名人」はどのように造り上げられるのだろう?
5月23日のひかりにみひらいた午後、私は千葉のある街に降り立った。「名人」に合うために、、、今日はやっとの思いで探し当てたネクタイを「手縫い」する「名人」のその「工房」におじゃまする約束だった。
ロータリーもない小さな駅を出ると通りのむこうに小さな商店街が覗いている。いつも私が探し求めている「名人」はなんでもない暮らしの街に隠れている。





f0178697_22290083.jpg


「クラシック スーツ」の着こなしはタイで決まる。「テーラー六義」の「クラシック タイ」の項でも記したが紳士が身に着けて良いタイは「たった3本」だけであった。シテイでは「スピタルフィールドタイ」と「クラブタイ」、カントリーでは「レイプシールド ゴールドのウールタイ」、、、紳士(或いは紳士の装いを影で支えたヴァレット)はかたくなにどんなスーツにもこの三本のタイを合わせた、そしてそれが英国のスーツの着こなしというものをつくりあげた。

f0178697_17040878.jpg




f0178697_17364300.jpg
















「六義」
中央区銀座一丁目21番9号
無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2017 Ryuichi Hanakawa & Rikughi Co.,Ltd. all rights reserved







[PR]
by momotosedo | 2017-04-13 13:10